タグ:Lumix G6 ( 244 ) タグの人気記事


引き続き21世紀美術館よりお送りします。昨日のコメントでネタばらしされてしまった名物のプールなんですが、タイミング悪く何やら整備が行われていたのか、プールの下に入れない期間とぶつかってしまい、メチャクチャ残念でした><; 上から撮っても全然面白くない画にしかならないんですけどね。。。でも悔しいので1枚^^;







その代わりと言ってはなんですが、全身銀色のパフォーマー(勝手にシルバーマンと呼んでいましたが) に遭遇!! タバコを吹かすのかと思って見ていたら、シャボン玉をぷファ~っと^^
修学旅行生たちの色んな表情も撮れて、今回の旅の中ではお気に入りの一枚となりました!!







立ち去り際のシルバーマンをアップで。これはモノクロ写真ではありませんよ!! 左下の椅子の一部はちゃんとカラーですから(笑)







パフォーマーがいなくなって、人もいなくなったタイミングを見て、ラビットチェアーを。







手前にあったオブジェを通して、異次元空間のチェアたちも^^







こちらは前回の外周を巡っていた時のガラス越しのチェア。斜めに射す光と影は、のぶっちさんの所でも良く拝見していたので、それに倣ってみました^^;














美術館内は通路なども含めて撮影禁止となっているので、再び外に出て。椅子つながりでこちらの兄妹のような可愛らし椅子を。







小っちゃい方の座面はカフェのメニューになっていました。







こちらもガーデンショップ? か何かの店の裏にあった椅子つながりで。






美術館からの去り際に、来た時は気付かなかったこんなオブジェを屋根上に発見!! シルバーマンじゃなくて、こちらはゴールドマン・・・!?



プールは残念でしたが、もし下に入れて時間を使っていたら、シルバーマンと学生たちの表情も撮れてなかったと思うと、これはこれで良かったのかなあとも^^ 
次回も超有名なあの場所へ。
by miyatannaotan | 2014-10-02 21:00

のぶっちさんのブログでも時々登場するので、今回是非行ってみたかった場所の一つがこちらの「金沢21世紀美術館」でした。







まずは美術館の外周りの庭から。







白を基調にした外観と芝生の緑が、とても心地よかったです^^







中の資料室にも海外の有名デザイナーのチェアがさりげなく。






外周の庭には様々な体感型のオブジェたちが。





















倉庫の前では、アーテイストが作品の制作中。どんな作品が出来るのでしょうね~^^




昨日は長いお休み明けで、仕事が目いっぱい詰まっていたので流石に疲れました^^; まあ期末期首なので分かっていたのですが、身体はお休みモードから抜け切れず、なかなかエンジンが掛かりません。。。
次回も21世紀美術館よりお届けします。

by miyatannaotan | 2014-10-01 21:00

にし茶屋街を抜けて、金沢の繁華街の方に向かって歩いていきます。







見えてきたのは「犀川大橋」です。犀川はこの川を愛した詩人「室生犀星」から名前が採られています。







修学旅行生を撮りたかった訳では無く、その奥にある木造建築が気になったので^^; 後で近くまで寄ってみようと思っていたのですが、結局寄るのを忘れてしまいました。。。(地図で確認すると海鮮の飲食店が入っているようです。)






繁華街の片町を抜け、やって来たのは金沢の街の中心となる「香林坊」というエリアです。まず目に飛び込んできた煉瓦造りの洋館は「石川四高記念文化交流館」です。こちらは旧四高の教室を多目的に利用できる「石川四高記念館」と泉鏡花、徳田秋声、室生犀星等、石川県ゆかりの文学者の資料を展示する「石川近代文学館」によって構成されています。







街の中心にこういった建築があるところが金沢らしくて素敵だなあ~♪







中には入らなかったのですが、表からの照明の雰囲気がよかったので。







建物のすぐそばに「香林坊」のバス停があります。赤と青のデザインが、どこかロンドンの地下鉄のマークを思い起こさせますね^^







記念館の横手(というか、こちらが正面?) に回って行きます。







こちらの彫像は「明治・大正・昭和」の3時代の四高生を表しているそうで、当時の学生の制服の変遷が良く分かりますね!!







記念館の隣にも大きな建物がありました。こちらは「しいのき迎賓館」と呼ばれ、旧県庁をリニューアルし現在は、周辺の総合観光案内や、レストラン・カフェ、会議室、ギャラリーなどが入る施設となっています。正面には名前にもなっている「シイノキ」がシンボルになっており、その立派な姿に圧倒されます。






丁度時間的にお昼になったので、次に向かう場所の近くにあった喫茶店で昼食をとりました。注文したメニューを待っている間に、目の前のこちらを何となく。




次回はのぶっちさんのブログでもよく登場している美術館に向かいます。
by miyatannaotan | 2014-09-30 21:13

暫くご無沙汰しておりましたが、今年も遅い目の夏休みを先週土曜日から今日まで頂いておりました。前半は何をするでもなくウダウダと過ごしてしまいましたが
26日(金)から昨日まで2泊3日の旅へと出掛けてきました。今回旅先に選んだのは「石川県」です。昨年ブロ友ののぶっちさんが、オリンパスプラザ大阪での写真展
へ出展された折に金沢から来阪され1日半程大阪をご案内させて頂きました。その時に必ず金沢にも行きますと約束していたのですが昨年はタイミングが合わず
1年越しでようやく石川への旅を実現する事ができました!! のぶっちさんとは2日目の土曜日に丸一日ご一緒いただいたのですが、まずは1日目の旅程からお届け
して行きたいと思います。

まずは大阪7:40発のサンダーバード3号で、10:24定刻に金沢駅に到着しました。左が自分が乗車してきた列車です。流線型の顔の方の車両を期待していたのですが、今回は残念ながらこのタイプでした^^;







まずは重たい荷物をホテルに預けるために金沢駅で40分ほど待ち合わせをした後、隣の西金沢駅へ向かいそこから北陸鉄道石川線にて野町行きに乗り換えです。
北鉄石川線は、金沢市の野町駅から白山市の鶴来駅間の路線距離13.8kmを約30分ほどで結びます。
何処か懐かしさを覚える顔立ちとオレンジ色が可愛らしいローカル線です^^







野町駅に到着し、2両編成の車両全体を。ここまで3枚は荷物片手だったのでコンパクトなXZ-2での撮影になります。







荷物を野町駅近くのAPAホテル金沢野町に預けて身軽になったところで、早速本格的に撮影スタートです。で、今回旅するにあたり久しぶりに一眼復帰を遂げるべく
導入したのは、Panasonic が1年少し前に発売した「Lumix G6」の標準ズームキットでした!! 標準ズームといっても付属しているのは
「LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.」(名前が長い^^;) というパナの2代目の高倍率ズームです。出発前にも書きましたが
予算があまりなく最新の機種は難しく、旅に便利そうなこのレンズを一度使ってみたかったという事もありレンズ優先での機種選択となりました。最新機種では
GH4の標準ズームのキットレンズになっていますが、ちょっとボディが重たいので少しでも身軽に行動したい旅向きではありませんでしたし、何と言っても高価なので
センサー等は最新のものではありませんが今回は、ほぼほぼレンズの価格で購入できたG6にしてみました。


前置きが長くなりましたが、話を旅の方に戻します^^ 宿を取った野町は金沢の繁華街から少し離れた場所になり、寺町寺院群などもある落ち着いた雰囲気の
町並みがあります。こちらのお店もとても味のある2軒でぴったりとくっ付いているように見えるのですが、屋根の高さや窓や壁の造りも違うので、ちょっと
不思議な感じがしますね。







少し裏道に入ると、水路もあったりとても落ち着く雰囲気です。







まず向かったのは、こちらの九谷焼の窯元「光仙窯」さんです。見学が出来るという事で中を案内して頂きました。古い九谷焼は色彩や図柄がとても凝ったものが多く
僕にとっては黄色がとても印象的だったのですが、この黄色は緑色を際立たせるための脇役だという事を教えて頂き、少し意外だなあと思いつつ
そう思って拝見すると素直に納得してしまいました。。。







商品などはもちろん撮影できませんでしたが、こちらの作業場は良いとの事だったので1枚だけですが撮らせて頂きました。今回、訪れるまでは正直「九谷焼」の事は
全然頭になかったのですが改めて考えてみると僕の旅には「焼きもの」が何かしら関わっている事が何故か多いんですよね^^







窯元から程なく次に到着したのは「にし茶屋街」です。







茶屋街の資料館も板壁のレトロな風情。







お庭の緑がとても綺麗でした。流石にまだ紅葉には早く、色づいた様子もまた良さそうですね。







こちらの2階には昔の茶屋のお部屋が再現されていました。赤い毛氈に赤い壁がとても印象的。







縁側部分の壁も赤く染められていました。







資料館を出て、町並みを歩きます。







1BOXが少し邪魔でしたが、間に挟まれて窮屈そうな茶屋の様子が面白かったので。。。







茶屋街の一番端の「らくがん」屋さん。細かな格子がとても綺麗ですね!! 




有名な「ひがし茶屋街」と比べとても短い距離であっという間に抜けてしまいますが、その分観光客も少な目で、落ち着いて歩くことができました。

まだまだ現像を始めたばかりで、まだセレクトも終わっていないので、どれだけ載せられるか判りませんが、おそらく長いシリーズにはなると思いますので
お付き合いをよろしくお願いいたします。今回の旅で殆どぶっつけ本番のデビューとなったG6だったので、ちゃんと撮れているか心配だったのですが
レンズも高倍率の割には隅々まで荒れる様子もなく少し安心しております^^
by miyatannaotan | 2014-09-29 08:46

一つ一つの出会いを大切に!!


by miyatannaotan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31