いよいよPEN-F発表!!

b0138101_21305231.jpg

写真が無いので、珍しく機材ネタでもやってみようかと。やり慣れてないのでツラツラと思ったことを書くくらいですが。。。

いよいよPEN-Fが正式発表されました!! 噂が出始めた頃は、EPSONの最新ファインダーが積まれるとか、深度合成が搭載されるとか
色々期待値が上がる項目もありましたが、出てみるとE-M10mkⅡと同レベルの解像度と倍率で、深度合成も無し。せめてE-M5mkⅡ位
の倍率を期待していたのですが。ファインダーに関して言えばライバルとなるGX8の高倍率2段階切替式のファインダーが見やすそう。
ただ、EPSONの最新型や、E-M5mkⅡやGX8と同じくらいの性能のものが載った場合、ボディもGX8位の大きさになってしまったかも
と考えると、この選択も有りなのかなとも思います。現在使用中のG6は倍率は0.7倍と高いのですが、いかんせん144万ドットなので
見やすさという点では今よりは多分良く見えると思いますし、何よりもPENにようやくファインダーが付いただけでもOKかな^^

一通りPEN-Fの機能や仕様を眺めてみて、パッと見はE-P5や現行のOM-D各機種と比べて大きな進化は無いように感じますが
細かく見ていくと、色々面白そうな機能があるようですね。「モノクロ/カラープロファイルコントロール」もそのうちの一つ
でしょうか。これまでもカラークリエータなどはありましたが、モノクロの細かなコントロールやリバーサルフィルム風の
プリセットも使いこなしてみると結構楽しそうですし、設定をOLYMPUS Viewer3 Ver.2でも反映できるようですね。

OLYMPUS Viewer3 Ver.2 といえば、2000万画素センサー搭載で50Mとなったハイレゾショットの現像が行えるようになった
のも嬉しいポイントでしょうか。まあRAWだと80Mにもなってしまうので、PC性能が追いつくかといった別の心配もありますが^^;

他にも「AFターゲット連動スポット測光」などもなかなか考えられた機能かと思いました。これまではスポット測光とかは、あまり
利用した事がないのですが、ターゲットパッドAFの機能を活かすことで僕の中でのハードルが少し下がるような気がしました。

そして電子接点を持たないレンズを登録する事でExifへ記録する機能も、僕のようなオールドレンズ派には嬉しい所です^^

製品ページの冒頭にも書かれているのですが、「PEN-Fは最新の機能や性能を盛り込み、最高の状態に保つためのファーム
ウェアアップグレードの対象機種です。ファームウェアを更新することで、最新の機能・性能をお楽しみいただけます。」の一文
が何気に心強いというか、PENのフラッグシップとして大事にしてくれそうな期待が持てるのも、かなり好印象であります♪
それなら「深度合成」も最初から載っけといてよ!! ・・・というツッコミもしたくなりますが(笑)

あとは質感や手の馴染みは、実際に触っていないと分かりませんし、あいかわらずメーカの実写サンプルはイマイチなので
オリンパスプラザで触れて、色々なレビューやサンプルが出るのを待つしかありませんね。勿論値段が落ち着くのもね^^

by miyatannaotan | 2016-01-27 21:31

一つ一つの出会いを大切に!!


by miyatannaotan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31