タグ:XF35mm F2 R WR ( 84 ) タグの人気記事


後編はレンズを純正35mmF2に付け替え、コラージュでお届け。














大寒桜のこの色は気持ちを凄くハッピーにしてくれます♪







以上、現場のJR百舌鳥駅前からお届けしました!!




この後、電車で場所を移動し少しだけ町ぶらを。
by miyatannaotan | 2017-03-20 07:54 | Comments(0)

宇陀初えびす ⑪ #2781


寒い中頑張って撮影した後は、最近お気に入りの「カフェ エクボ」さんへ。

DSCF4359





以前座った所には先客さんがいらしたので違うお部屋に座り、オーダーしたメニューを待ちながら周りを。







古いラジヲの横に見えるのは、本当に狐みたいな「フォックスフェイスツリー」。

DSCF4361





僕の座ったテーブルの上にも可愛らしいお花が。

DSCF4362





お隣の部屋では懐かしのLPレコードでBGM。

DSCF4363





座ったすぐ横の和風な戸棚の扉には何故かスペードのマークが。

DSCF4365





そして正面には優しい雰囲気のする雑貨たちが並んでいました^^




次回も、こちらのお店から望遠レンズに変えて部分的にクローズアップ!!
あっ、やっぱり縦横のバランスを考えて元のスキンに戻しました・・・^^; 背景色だけちょっと変えましたけど。
by miyatannaotan | 2017-03-09 20:36 | Comments(0)

宇陀初えびす ⑩ #2778


町中をすこし外れた場所へ。







かなり寒々しい光景になってますが^^;







なにかの工場のような場所へ。






こちらの地域の産業でもある製材所でしょうかね。







丸太の上にも雪が積もり、砂糖でコーティングしたバームクーヘンを思い出しました^^;

DSCF4351





ごみ置き場のような所に捨ててあった錆さびの看板たち。「フィルムあります」「サクラカラー」の文字を見つけて思わず^^







製材所のちょうど向かい辺りに建つのが「大宇陀高校」。グラウンドも一面真っ白!!







か細いですが、今年初めて「つらら」を見ました!!




そろそろお腹もすいてきたので来た道を引き返し、一枚目にもちょこっと写っているお店へ向かいます。
by miyatannaotan | 2017-03-06 20:29 | Comments(0)

宇陀初えびす ⑨ #2774


神楽岡神社の石段を下りて、再び平地へ戻って来ました。







良く撮影するダルマポスト越しに、雪が融けぬかるんできた旧街道を。







ポスト脇にあるベンチには、寒いのに忘れられたマフラーが。。。







いつもお世話になっている「件 -kudan-」さんは、この日は臨時休業。お店前の鉢植え越しにお向かいの陶器のお店辺りを。

DSCF4342





町の所々で見掛ける樋。上の紋章のような部分は実際はくり抜かれているのですが、雪が詰まって模様が白く浮き出ています。







朝から設営されていた出店は準備もほぼ完了。







身体がかなり冷えてきたのでコーヒーでも飲もうと、まちなみギャラリー「石景庵」さんの方に向かいます。

DSCF4346





コーヒーで身体を温めたあと「石景庵」さんの裏手に回ると、お城の石垣のようなものがあるのですが
こちらも雪を被って普段とはまた違う味を出していました。




この後は古い町並みを少し外れた方へと向かいます。
by miyatannaotan | 2017-03-01 20:32 | Comments(2)

宇陀初えびす ⑧ #2772


まだしつこく続きがあります^^; 神楽岡神社に向かう途中の寺院からの眺望を。







大き目の建物は体育館かな?







石段のてっぺんまで上がり、神楽岡神社の境内へ。








DSCF4332





寺院より少し高いだけですが、より広く町並みを眺める事ができます。







雪で滑らないように、石段をゆっくりと下って行きます。

DSCF4334












石段途中の寺院は少し上から見下ろす方が、境内の雰囲気が分かりやすいかも。














ふたたび町並みの方へと降りて行きます。

DSCF4329


雪景色は既に十分に堪能頂けてるかとは思いますが、このシリーズもう少し引っ張りますので、どうぞお付き合いの程を^^;
by miyatannaotan | 2017-02-27 21:10 | Comments(0)
正月2日の伏見散策も終盤。水路の近くにあった長建寺でお正月らしい飾りを。

DSCF3872





お寺のすぐそばに架かる「弁天橋」には琵琶の絵が。上のお寺さんの御本尊が弁財天だからのようです。







橋を渡って、酒蔵の建ち並ぶエリアへ。この辺りが一番伏見らしい町並みでしょうか。














「SAUCE商店 洋と和」と書かれた提灯。お店の雰囲気もまさに洋と和が融合されたような雰囲気。

DSCF3877





酒蔵の周りには色々な料理店も集まっています。














シックな色合いの格子が整然と並ぶ様子はとても綺麗ですね。







渋い暖簾も素敵です。

DSCF3881





老舗的な雰囲気の和菓子屋。伏見の酒饅頭は、やっぱり一味違うのかなあ。。。お土産に買って帰ればよかったな・・・^^;




ここから再び出発点の「伏見御陵前」の方へ。
by miyatannaotan | 2017-01-19 20:32 | Comments(2)
京都伏見は水路沿いの散策路の続きです。







水路の両脇には寒椿が満開。

DSCF3861













DSCF3865





冬木立の向こうには酒蔵が立ち並びます。





















高瀬川沿いでみたのとはまた違う四角形の煙突。こちらの方が良く見る形ではありますね。




この後は水路を後にして、酒蔵が集まるエリアへと。
by miyatannaotan | 2017-01-16 21:00 | Comments(0)

冬の植物園と交互にお送りしている京都伏見散策の続きを。川沿いの松本酒造から、少し町中の方へとやってきました。







伏見ですが宇治茶などを扱うお店の雰囲気が良かったので。







上のお茶のお店から続くアーケードなしの商店街のような通り。流石にお正月休みのお店も多く。
カラーなんですが、特定の色だけ強調してモノクロっぽくしてみました^^

DSCF3851





商店街の中にあった喫茶店の柱にはこんな絵が。

DSCF3852





伏見と言えばの「寺田屋」跡。手前の旅籠は跡地の横に建てられたもので当時のものではありませんが。。。







寺田屋のある通りから一本隔てた場所に、物流に使われていた水路が走っており、その両脇が散策路になっています。







ここからは暫く、この散策路を歩いていきます。








DSCF3853





散策路沿いで釣りをしている人がいたのですが、そのすぐ側にいたのがこちらの猫ちゃん=^・^=

DSCF3858





めちゃ顔を洗っていたので、ひょっとすると!? と思っていたら、確かに3日は大阪でもちょっと雨が降りましたね・・・^^;




この後も、もう少し水路沿いの散策路を。。。
by miyatannaotan | 2017-01-13 21:00 | Comments(2)

再び、京都伏見の新高瀬川沿いにある酒造工場に戻ります。

DSCF3846






DSCF3841





堤防を歩きながら進んで行くと他とは趣きの違う煉瓦造りの一角が!!







八角煙突も結構背が高く立派です。

DSCF3842





見ようによっては、常滑や有田などの焼き物の町の風景に似ているかも。。。

DSCF3847





伏見にも何度か訪れた事はあったのですが、また新たな発見が出来ました^^







国道沿いに回り込んで、ようやく「松本酒造」という名前が分かりました。敷地内には、入り口横に貼られている写真のような「万暁院 書舫院」と呼ばれる迎賓館もあるようです。詳しくは「松本酒造」のHPで紹介されています。
(※リンク先のHPでは音楽が流れるので、閲覧時にはご注意ください。)

DSCF3848


春先には建物周辺に菜の花も咲いて違う趣を見せてくれるようなので、またその頃に訪れてみたいなあ。。。
伏見散策は、この後も続きます。
by miyatannaotan | 2017-01-10 20:09 | Comments(4)

普段はお正月3が日の最後の日に自宅へ戻るついでに寄っていた京都ですが、今年は一番お天気が安定しそうだった
2日目にお出掛けしてきました。向かったのは混み込みが予想される中心部ではなく伏見方面。伏見だって「伏見稲荷」
の方は凄い人出じゃないの? と思われたかもしれませんが、さらに少し外して今回訪れたのは「伏見御陵」界隈です^^

近鉄の「伏見御陵前」駅で降りて、散策開始です。いきなりお稲荷さんを連想させる朱色の自転車が目に留まりまずは一枚。
(訪れたのはお稲荷さんの方じゃないんですけどね^^;)

DSCF3833





ひとまず川の方に向かって進んで行きながら町並みをスナップ。







宇治川へつながる水路に出てきました。何かの工場なのか、建物の側面の階段が何となく気になって。







更に先に行くと新高瀬川に突き当たります。そしてその川岸にも気になる建造物が!!







大きな蔵のような造り。

DSCF3837





川沿いに歩を進めて行くと、同じような建物が何棟も連なっています。

DSCF3838












伏見という事で大体気が付かれると思いますが、こちらの建物は国の近代化産業遺産にもなっている、とある酒造工場です。




次回は最初の方に見えていた煙突のある辺りへ。
by miyatannaotan | 2017-01-08 19:53 | Comments(2)

一つ一つの出会いを大切に!!


by miyatannaotan