タグ:G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 ASPH. ( 45 ) タグの人気記事


再び名古屋の旅に戻り、旅程の2日目。ホテルで朝食を済ませ向かったのは「大須観音」でした。







名前はよく耳にするけど訪れた事が無かったので。







今までの画と少し印象が違うのは、サブ機で持って行った久しぶりのLumix G6だから。
X-Pro2で足りない広角を12-32mmのコンパクトなズームレンズで補おうと考えて。







大須観音のすぐ脇にあった自転車のお店のウィンドウを。

P1110010





すぐ横手には商店街が続いていたので、少しぶらりと。







射撃場の壁のグリーンが目に飛び込んできて。







とあるお店のショーウィンドウには懐かしのOMなど。




この後は名古屋駅近辺のスポットへ。
by miyatannaotan | 2017-05-15 21:17

引き続き「奇跡の星の植物館」より。1階ではGW期間中のイベントで劇やオペラのミニコンサートなどが行われていました。














劇が終わり、舞台の背景となっていた辺りへ。







こちらではバラが数多く展示されています。







































植物館からは以上です。この後は再び公園の様子をもう少し。
by miyatannaotan | 2016-05-19 21:18

少し間が空きましたが、淡路島の「奇跡の星の植物館」に戻ります。







立派な実を付けたバナナの木。実も葉っぱもストライプの模様が何となくアート作品のよう。







こちらは実際にアートなオブジェ^^







庭園のような設えの展示。







近所ではまだ撮影できていないアジサイたちも。




























昔の家具の引き出しを利用して箱庭のように。







館内は上層階から少しずつ下りながら順路が設けられています。







ちょっとしたスペースも綺麗に飾りつけ。







なんだか存在感のあるこちらの植物。




この後は一階部分へ。
by miyatannaotan | 2016-05-18 21:00

GW期間唯一お出掛けしたのは4日のみどりの日のみ。急に思い立って淡路島まで行ってみました。
目的の一つは一度行ってみたかった「奇跡の星の植物館」です。先に「淡路島 国営明石海峡公園」をぶらりとしながら
最後の方にここへは訪れたのですが、現像の関係上先に載せてみようと思います。
明石海峡公園には2つのゲートがあり一枚目は植物館に近い方の「東浦口ゲート」になります。







植物館へは上のゲートはくぐらず、少し脇に逸れた場所にあります。







館内に入りまず目に飛び込んできたのは、こちらのサボテン。







公園を訪れてここまで70-210mmで撮影していたのですが、この広がり感を捉えるために12-32mmにレンズ交換。







色々な植物が、とても伸びやかに展示されています。







その一つ一つの造形がまた面白く。














何だか植物が人に語りかけてくるようで。







外光もたっぷり取り込んで、開放的な空間が広がっています。




この後も、まだまだこちらの植物館から。
by miyatannaotan | 2016-05-06 21:00
今日からGWですね。3連休・出勤・3連休・出勤・そして週末と、若干細切れ感がありますがそれでもやっぱりGW^^
4月もバタバタとしてあっという間に過ぎたような気も。自分を取り巻く環境が新年度からいっぺんに変わった事もあって
何となく頭がついていっていないような、何だかモヤモヤとした気分のままGWに突入した感じです^^;

4月ももう終わりという事で、載せそびれていた地元の桜を一挙にアップしたいと思います。かなり枚数が多くてスイマセンが
お付き合い頂けると嬉しいです。最初の5組は奈良の三室山や大和高田へ撮影に行った日の帰り道で少し撮影したものです。



































ここからは次の日に自宅周辺からぐるっと5時間弱・18,471歩(実は前日も26,000歩^^;) 歩き回って撮影した桜たちを。








































































































































おまけ
by miyatannaotan | 2016-04-29 08:24
三室山を後にして、お天気も良かったのでもう一か所桜めぐりに。向かったのは大和高田の「高田千本桜」です。





















高田川の両側にズラッと続く桜並木は圧巻です!!




























川の側に降りれる場所もあり、皆さん思い思いに桜を楽しんでいました。







郵便配達の人も、桜楽しんでるのかな^^




ラスト2枚だけ「smc PENTAX-A ZOOM 70-210mm F4」です。こちらからも何回かに分けてお送りして行きます。
エキサイトはスキンによって文字の感じが変るようで、今回から太文字をやめて通常に戻しています。
by miyatannaotan | 2016-04-18 21:00

1週間ぶりの更新ですが、色々気持ち的にも落ち着かない日々が続いたのでとても長く感じました。
暫く実家の方から会社へも通っていましたが、自宅の方に戻ってきたのでようやく更新が出来ます^^

桜の季節も八重桜などを除くと終わりつつありますが、ネタが桜しかないので引き続き三室山の桜です。







ここの桜は地面すれすれから見上げるように狙うのが一番ピッタリと嵌るような気がします。







こちらの瓦屋根はお手洗いの建物のものです^^;





















濃い目の青空に小さくて白い花たちが、雪を散らしたような雰囲気でした。







ラストは同じ木を狙っていたカップルさんを^^




今日は朝から台風の様な風が吹き荒れていて、窓ガラスをビリビリと揺らしています。ちょっと怖い位。。。
家の中にいても何だか落ち着きません。お昼からはお天気も回復しそうですが、風も止んでくれるのかな?

by miyatannaotan | 2016-04-17 09:40

引き続き、三室山の桜です。今回は遠巻きに見ていた桜の山の中に突入!!







PLフィルタを付けてコントラストを強めにして撮影してみました。ちょっと多めですが青空の下の桜風景を暫しお楽しみください。
























































































実家の方で色々とあり最低1週間ほどブログの更新をする余裕がありません。。。なので、暫くの間お休みをさせて頂きます。
皆さまのブログへの訪問やコメントも出来ないと思います。申し訳ありません。また再開しましたら宜しくお願い致します。

by miyatannaotan | 2016-04-10 22:48

引き続き斑鳩町の三室山の桜です。















この角度からが、一番こんもり感が分かりやすいでしょうか? まるで桜で出来た山と言った感じ!!






















少し引き、竜田川も入れて。







更に引いて、対岸の桜も。




昨日の雨風で近所の桜も悲しい位、一気に散ってしまいました^^; 先週末強行して撮影しておいて良かったなあ。
今週末は毎年恒例のあの場所へ行こうと思っているのですが、果たして耐えてくれているでしょうか・・・?

by miyatannaotan | 2016-04-08 23:14

今週一杯くらいは慌ただしい日々が続きそうで、コメントへの返事や皆さまのブログへ訪問できていなくて申し訳ありません^^;
それでも先週末は自宅近くのソメイヨシノも一気に咲き出しオチオチとしていられなくなり、土日とも桜撮影してきました。


まず土曜日は奈良県生駒郡斑鳩町の方へ。河内長野から近鉄とJRを乗り継ぎ王寺駅で下車。暫く大和川に沿って歩を進め目的地を目指します。







河原沿いから外れ、住宅街を抜けて。







目指す場所に近づくにつれ桜も増えてきました。







そして今回の一つ目の目的地に到着。







竜田川沿いの桜もほぼ満開!!














そして川の向こう側に見える小高い丘のような「三室山」も、山の半分くらいを覆うように桜が。







全景を分かりやすく伝えられるよう、離れた場所から撮ってみたりしてたのですが、なかなか難しく。








結局、色々角度を変えて少しずつ切り取る事にしました。












次回も周囲の色々な角度から、三室山を狙います。
by miyatannaotan | 2016-04-06 22:16

一つ一つの出会いを大切に!!


by miyatannaotan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31