タグ:大阪散策 ( 463 ) タグの人気記事


本日は写真展に一日在廊しており、朝早くから沢山の方々にご来場頂き誠にありがとうございました!!
毎年来て下さる皆さまは勿論、ブログで新たに交流させて頂いている方や、仕事場でお声がけさせて頂いた方にも
お越し頂く事ができて、とても楽しい一日を過ごす事ができました。写真展は6回目になりますが、毎回写真を
続けていて良かったなと改めて思える貴重な機会にもなっており、幸せな気分になれる一日でもあります♪

写真の方は、前回後回しにした2つ目に訪れたレトロビル「新井ビル」での撮影になります。

DSCF3071





こちらもお店や事務所が入るテナントビルになっています。まずは階段で上の方を目指します。

DSCF3069






DSCF3056





更にまた上へと。

DSCF3057





何故かついつい目が行ってしまう電気やガスのメーター類。(本当、変な趣味ですよね^^;)







ついでに、窓枠フェチであったりもします(笑)

DSCF3066






DSCF3061





どちらかというと高い所は苦手なのですが、好奇心が勝って。。。

DSCF3063





事務所のあるフロアはちょっと撮りにくい感じだったので、結局ほとんど階段がメインとなってしまいましたね・・・^^;

DSCF3068


レトロビル散策は、この後もまだまだ続きます。
by miyatannaotan | 2016-11-12 21:11

そろそろ写真展の準備も本腰を入れないといけないのですが、良い天気に誘われお出掛け。
今日と明日、大阪のレトロな建造物を一般公開しているイベントに行って来ました!! 

北浜まで地下鉄で向かい、まず訪れたのは「大阪証券取引所ビル」です。

DSCF3055





こちらは入って直ぐのロビー。







内部を説明付きで巡るツアーもあったのですがスケジュールが合わずロビーだけ。5Fのギャラリーは自由に見学できるようです。

DSCF3054





次に訪れた場所は後回しにして、3つ目に訪れたのは「伏見ビル」。大正末期の創業当初はホテルとして使われていたようですが
現在は色々なオフィスが入るテナントビルとして利用されています。

DSCF3072





こちらは自由に見学できるので、早速内部へ。

DSCF3074












特にペイントされている訳では無く、ホワイトバランスの具合で壁が黄色く写っています^^;

DSCF3076





階段の手すりのアールがレトロな雰囲気を醸し出しています^^

DSCF3077





細い窓枠の感じなんかも、何とも言えずそそられるものがあります。(理解してもらえるかなあ・・・^^;)

DSCF3080






DSCF3081






DSCF3082





この空気感が何故かすごく気に入ってしまいました。

DSCF3084





扉の向こうが凄く気になるぅ。。。

DSCF3086



















テナントの郵便受けの上には何故か栗^^




このほかにも色々と巡ったので、またおいおい。場所によっては事前申し込みが必要な所もありますが
明日6日だけ公開している場所も色々あるので、気になる方はこちらをご参考に是非。

僕は写真展の準備に精を出します!!
by miyatannaotan | 2016-11-05 21:07

シルバーウィーク始まりの3連休は近づいてくる台風に秋雨前線が刺激されて生憎のお天気。
何とかお天気が持った土曜日は珍しく夕方からお出掛けしました。行くかどうしようか迷ったのですが
ここ最近毎年見に行っている「月見祭(百舌鳥八幡宮秋祭り)」 の宮入へ。それでは一気にどうぞ!!







到着した時は「南陵町」 の宮入が行われている最中でした。

百舌鳥八幡ふとん太鼓(20160917)_xf35mm1












境内の大楠の存在感が凄いので、布団太鼓をあえて小さめに。







宮入りを終えて、太鼓を格納する基地へ向かいます。







背の高い格納場所へ無事に納まります。

DSCF2312






DSCF2311






DSCF2310





一回り小さめの太鼓台も続きます。

DSCF2313





宮入りを無事終えて、一息といった所でしょうか。

DSCF2322





背中側から狙うこういった雰囲気が好きです^^

DSCF2317





既に宮入を終えている他の町の布団太鼓を。












百舌鳥町の太鼓台。こうやって並ぶとその大きさの違いが良く分かりますね!!







百舌鳥八幡ふとん太鼓(20160917)_xf35mm-001





暮れていくにつれ身動きも大変になってきたので、夜店の方を少しぶらっと。。。







秋祭りなのですが、ムシムシとしてまだ夏祭りのような雰囲気。冷やしキュウリが美味しそうに見えました^^







お祭りの趣も感じられたので、長居せずに帰路へ。







これからお祭りへ向かう人たちと行き違い。

DSCF2334


今日は各町へ帰る宮出が行われているのですが、明け方からの雨でどうなっているのかな。。。
by miyatannaotan | 2016-09-18 12:23

こちらの怪しげな明かりが灯るのは、、、

DSCF1961





歌舞伎町の「新宿ゴールデン街」。店の名前も時代を感じさせますね^^

DSCF1962





裏から覗くと、店の中の様子も。二階に寝ている子供も物語を想像させますね。電球の配線が見えているのはご愛敬^^;

DSCF1960





ガラッと雰囲気が変わって、船着き場のような場所。

DSCF1963





どこかの漁港でしょうか?

DSCF1964





港周辺の町並み。

DSCF1966





トタンの錆などもなかなかリアルさを感じます。







また大人な世界へ。

DSCF1968





コーナの入り口の前にも、こんな貼り紙が。。。という事でここからはブログに掲載するのも自粛させて頂きます(笑)

DSCF1970


展示全般に子供がというよりは、大人が楽しむジオラマの世界といった雰囲気が漂っていました^^
by miyatannaotan | 2016-09-15 22:11

あの頃の下町展 ① #2658


引き続き「あの頃の下町展」より。こちらは江戸川乱歩の世界で、浅草の「凌雲閣」に突入する警察部隊。







そしてその屋上から気球に乗って逃げる怪人二十面相。







こちらは現在の永井荷風の「墨東綺譚」の世界。墨東は現在の墨田区のあたり。

DSCF1956












当時はこの辺りに遊郭があったのですね!!

DSCF1958





その路地裏にはステテコ・腹巻姿のおっちゃんと猫^^

DSCF1957





所々で登場する黄色い帽子の人物は、永井荷風がモデルという話も。。。

DSCF1959


この後も、もう少し。
by miyatannaotan | 2016-09-14 20:55

あの頃の下町展 ① #2657


神戸税関界隈からの帰りに梅田まで出て、気になっていた催し物を見に阪神百貨店へ。







ジオラマ作家として有名らしい山本高樹さんの作品の数々が展示されていた「あの頃の下町展」です。
まず最初に目に飛び込んできたのは、見てすぐわかる「道頓堀」の一角。撮った位置からは判り難い
ですが、店の中なども細かに再現されています。







こちらはとあるお祭りの夜。夜店の向こうにはチンチン電車が見えます。







その頭上には懸垂式モノレールも。ここは一体どこの再現だったかな・・・?







こちらは東京の上野にある鰻割烹の老舗「伊豆栄」。森鴎外なども通い詰めた名店だそうです。







店頭で鰻を焼く姿も^^







2階のお座敷の中の様子まで、暫し感心して見入ってしまいました。。。




最初【前編】というタイトルにしていたのですが、現像が途中のまま忘れていたものが結構あったので
①に変更しています(なんで忘れてたんだろう・・・^^;)
by miyatannaotan | 2016-09-13 21:00

ぶらり中崎町 ① #2616


天六の「大阪くらしの今昔館」の町並みに刺激され、ちょっくら中崎町をぶらっとしたくなり天六から向かっていきます。







中崎町に入ると、やはりこういった感じの店先が多くなりますね^^














お昼がまだだったのでランチでもしようと、以前もおとずれたこちらを目指していったのですが、生憎の臨時休業。。。
僕って何故か行こうと思っていたお店の臨時休業に良く当たっちゃうんですよね^^;







仕方ないので、他の店を探しながら辺りをブラブラとスナップ。





















フクロウのマークのカフェもあったのですが、この時は単なるお店のマークに使われているだけなんだと思い込んで立ち寄らず。
後で調べると実際にフクロウがいるようです!! でも何故かお店のマークになっているフクロウがメインの「フクロウカフェ」
ではなく「猫カフェ」という不思議なお店(笑)




結局別のカフェに行ったのですが、猫カフェにも行った事がないので一度は入っててみれば良かったなあ。
今度中崎町に行くときには臨時休業だったお店とあわせて是非リベンジしてみたいと思います!!
by miyatannaotan | 2016-07-23 20:32

引き続きジオラマ展示のフロアから。住宅街のなかでは、凧揚げをする兄弟やお隣さんとおしゃべり中の奥さんなど^^







他にも建築中の家なんかもあったりと、実に細かく作られていて、一つ一つ見ていると相当時間が掛かっちゃいます^^;







また町並みに戻って、下の2枚は荷車を引く馬が角を曲がるところをアングルを変えて撮影しています。







ジオラマのラストの下2枚は車で生活をする人々のようですが、こんな光景が大阪で見られたのでしょうかね?
上の一枚は行き交う人々が動く仕掛けがしてありました。







そして「大阪くらしの今昔館」のラストは古いマッチ箱や、家電製品などの展示を。




ガチャガチャ回すタイプのチャンネル、懐かしい~♪
by miyatannaotan | 2016-07-22 21:30

「大阪くらしの今昔館」の続きです。何軒かの家の壁に同じような、物を置く台が備え付けられていたので纏めてみました。







町並みを実物大で再現したエリアからは、これが最後。







フロアを一階降りて、色々な「ジオラマ」の展示エリア。こちらは昔の「天神祭」の様子でしょうかね。







洋風な家とモダンな服装をした人たち。しかも馬車なども登場し、当時こんな場所が大阪にあったのでしょうかね?







こちらは昔の通りを再現したジオラマ。真横からだと、かなり絞って撮っても右上の様にボケてしまうので、他の2枚は斜めからの俯瞰で。







屋根と天井を取り払って、家の中での暮らしぶりを見せているのが、ちょっと面白いですね^^




次回も、こちらのジオラマのエリアからもう少し。
by miyatannaotan | 2016-07-21 20:37
引き続き「大阪くらしの今昔館」より、色々な道具や日用品を使って出来ている人形などを。
まずこちらは、木魚を組み合わせて作られた「布袋さん」。ちょっとカバみたいにも見えますが^^;







続いては、藁や櫛などで出来た「ニワトリ」2羽。







こちらは見ての通りホウキで作られた「カマキリ」ですね。まあ良く考えますね^^







まだまだ行きます。続いてはお椀や番傘でつくられた「一寸法師」。乗っているお椀に対してデカ過ぎる気もしますが。。。







こちらは、しゃもじで出来た「千手観音」。







道具などを使った人形たちの最後は箪笥と着物で作られた「獅子舞」。引き出しを「くち」にする発想が凄いです!!







こちらは普通の(?)人形の「金太郎」。普通といってもかなりデカくて迫力満点でした。







お祭りの設えという事で、大きな幟と山車も。











次回も引き続きこちらから。
by miyatannaotan | 2016-07-20 20:27

一つ一つの出会いを大切に!!


by miyatannaotan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31