ブログトップ | ログイン

FOTOFULL WEEKEND [Es]

<   2012年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

悲しい知らせ

写友でグループの一員でもある方が、突然他界されました。知らせを聞いて言葉を失いました。今でも信じられない気持ちで、本当に残念でなりません。今週一杯、喪に服して更新をお休みさせて頂きます。
b0138101_6202129.jpg

故人の御冥福をお祈り申し上げるとともに、謹んでお悔やみを申し上げます。
by miyatannaotan | 2012-05-30 21:51 | Comments(7)

フイルム現像に少し時間が掛かり間が空いてしまいましたが、今日上がって来ましたのでモノクロフィルムバージョンでの「中津高架下」シリーズを計4回にわたりお届けして行きます。

デジタルでは撮影していませんでしたので、僕のシリーズでは初登場のチャップリンの壁画です。
b0138101_20594715.jpg


高架下の駅側の入り口。冷凍倉庫のシャッターから漏れる冷気を狙ったのですが、撮ったときは少なめでよく分かりませんね^^;
b0138101_20595532.jpg


とても気になった扉ですが、おそらくこの落書きがなければ撮影していなかったと思います。
b0138101_210331.jpg


駐車場側の窓から射す光と、影の部分のコントラストが撮影意欲を駆り立てます。
b0138101_210117.jpg



b0138101_2104319.jpg


壁の隙間から漏れる光も印象的でした。
b0138101_2103298.jpg


次のエリアとの間の外の光は、暗がりになれた目にはとても眩しく感じました。
b0138101_2102239.jpg


今回はFujifilmの「NEOPAN 400 PRESTO」 というモノクロフィルムを使用しました。以前モノクロで初めて使ったKodak T-MAX 400よりもコントラストが強めで僕の理想に近いように感じました。COSINAとの相性もよかったのかもしれませんね^^
by miyatannaotan | 2012-05-29 22:30 | NEOPAN 400 PRESTO | Comments(4)

九度山「真田のみち」

戦国の武将真田昌幸・幸村父子が関ケ原の合戦に敗れたのち和歌山の九度山に14年間隠棲していたというゆかりで「真田まつり」というものが開かれています。最初にお断りしておきますが、このお祭の最大の見所は午後から行われる「武者行列」なのですが、この日もとても暑い日で朝から出掛けていた僕はその行列を見る事無く帰って来てしまいました^^; ですので、行列が行われる前の町の様子をお伝えしていきます。

南海高野線の九度山駅から歩くと程なく「真田のみち」という通りが現れます。
b0138101_2203738.jpg


ここの場所にピッタリの雰囲気のお店がありました。
b0138101_2205190.jpg


さらに歩を進めると、なんと虚無僧が!! 商売をしている家の前で尺八を吹き鳴らしながら巡っているようです。
b0138101_22108.jpg


寺内町の雛めぐりのように、民家には祭に合わせて雛人形や五月人形が飾ってあります。
b0138101_221850.jpg


お休み処の「真田いこい茶屋」。着いて早々でしたが、暑くてここでソフトクリームを^^
b0138101_2211535.jpg


真田幸村父子の屋敷跡に建てられたお寺「真田庵」。武者行列にはまだ大分時間がありましたが、すごい人出でした。
b0138101_2212617.jpg


先ほどの虚無僧たちが、また現れました。
b0138101_2213827.jpg


先日現像に出していた3本のフィルムのうち、今回は初めて使ったKodakの「Ektar 100」になります。「世界最高の粒状性」をうたっており、色も鮮やかに出るようです。キタムラにて一応「エクター仕上げ」を指定して現像してもらいました。特徴がちゃんと出せているかは分かりませんが、他のフィルムと比べても独特の雰囲気を持っていて僕的には結構気に入りました^^ ちなみにレンズは「smc PENTAX-A ZOOM 70-210mm F4」での初撮りです。
by miyatannaotan | 2012-05-28 22:36 | Ektar 100 | Comments(4)

木々の美しさ

今日も真夏のような暑さでしたね。5月末とはいえ木陰などが気持ちのよい1日でした。昨日も今日ほどでは無かったですが、やはり少し汗ばむ陽気だったので涼し気な木々に目が留まりました。御杖村のあと向かった室生寺周辺で撮影した木々たちをセレクトしてお届けします。

今回は室生寺の境内には入らずその先を目指していたので、お寺の外から撮ったものです。
b0138101_5422683.jpg


目指していた場所に向かう途中には涼しげな竹林がありました。
b0138101_5404476.jpg


もう少し先へ進むと見えてきた絵画のような光景。置き去りにされた古びた1台の猫車が良い感じに。
b0138101_20445721.jpg


角度を変えてもう一枚。中程の木々の彩りがとても印象的でした。
b0138101_20531565.jpg


こんな小径を歩くのがとても気持ちのよい1日でした。
b0138101_20451548.jpg


今日は午前中に花の文化園のフルルマーケットに行ってきましたが、暑さに参りあまり長居は出来ませんでした^^; 
by miyatannaotan | 2012-05-27 21:21 | Comments(4)

奈良県御杖村にて

今日は大宇陀へ写真展の作品たちを引き取りに行こうと思い奈良方面へ。折角なので更に奥の方にも行ってみようと宇陀郡の御杖村(みつえむら)の道の駅を目指して車を走らせました。自然豊かな場所でしたが、あまり撮影するものが見つけられず、道の駅から引き返してくる途中で気になったものを少しだけ撮って来ました。

宿泊施設の「三季館」というところでの一枚。昔の小学校を再利用しているようです。中に入ることは出来なかたので外からだけですが。。。
b0138101_23205567.jpg


ついでにその周辺もぶらぶらしながらスナップ。消防団の建物って何故か気になるものが多いんですよね^^
b0138101_2321333.jpg


最近川のある風景が続いていますが、こちらでも一枚。
b0138101_23211029.jpg


雰囲気のある民家を見つけました。昔は茅葺き屋根だったりしたのかな?
b0138101_23211950.jpg


車を停めた一枚目の「三季館」に戻って来ました。やっぱり中が気になるなあ~^^;
b0138101_23212691.jpg


この後、大宇陀に向かう前に室生寺周辺に寄り道。その模様はまた後日。大宇陀の「件 -kudan-」さんで写真を引き取るつもりだったのですが、桜の写真と額に入れた3枚は今も引き続き飾って頂いていたので、残りの写真もお店で預かってもらっています。
by miyatannaotan | 2012-05-27 00:04 | Comments(4)

GW初日の京都散策の続き。南禅寺から銀閣寺方面を目指し哲学の道を。記憶では、このあたりからはフィルムをメインで撮影したと思うのですが、まだ現像が出来上がっていません^^; わずかに撮影したE-P3での写真を少し。

紀の川のスケールとは対極の風景ですが、凝縮されたこういう世界観にもとても癒されます^^
b0138101_23364495.jpg


ライトなトーンで初夏のような日射しを柔らかく表現してみました。
b0138101_23365595.jpg


雰囲気のよさそうな川沿いのCafe。
b0138101_2337827.jpg


続きはまた現像ができあがってから。。。
by miyatannaotan | 2012-05-25 23:52 | Comments(6)

Jupiter-9で花の文化園①

町並みが少し続きましたので、5月中旬に訪れた花の文化園をまたシリーズでお届けしようと思います。その前の週のGWにも行ったので2週連続になりますね^^; 今回はJupiter-9での撮影です。

1回目は再現が難しい紫色系統の花たちを。
b0138101_22504696.jpg



b0138101_22505379.jpg


上2枚と同じ花なのですが、こちらの方が実際の色に近いと思います。
b0138101_2251086.jpg


こうやって見ると、背景と被写体の描写が別々で撮影したように違いがはっきりしていて、主役の花はクッキリ、背景のボケはとてもスムーズで被写体が浮き上がっているようです。と言っても違和感があるというのではなく、ちゃんと両者が馴染んでくれています。
b0138101_2251793.jpg


こちらも色の再現が難しいアヤメ。
b0138101_22512170.jpg


紫と言うよりは青に近い色になっていますね^^;
b0138101_22513013.jpg


また別の町並みシリーズと並行して、こちらの花の文化園シリーズもしばらく続きます。
by miyatannaotan | 2012-05-24 22:00 | Comments(6)

紀の川周辺 ②

紀の川までやってきました。いつもは和歌山市などに向かうときに車で横目に見ていただけでした。いつか撮ってみたい景色でもあったので、今回はよい機会とばかりに何枚か^^
b0138101_1944492.jpg


印象的な木を何本か見つけ、川面と山裾の景色と共に。
b0138101_19441517.jpg


とても気持ちのよい景色が広がります。遠くが霞んだ雰囲気も良いですね!!
b0138101_19442327.jpg


上の木を別の角度から。水辺の風景はとても落ち着きます。赤い陸橋がワンポイント^^
b0138101_19443472.jpg


紀の川を後にして、最寄の「JR名手駅」にやってきました。結構暑い日だったので「17アイス」を買って待合所で一休み。こじんまりとした無人駅でしたが、ちょっと旅行気分も味わえました。
b0138101_19444438.jpg


お店に戻る前に町並みをもう少しだけ。古い町並みと言えば、大宇陀でもよく撮る火の見櫓。でも少し違う雰囲気ですね。
b0138101_19445223.jpg


ラストも消防団がらみのこちら。紀の川市として合併された「那賀町」の名を残していました。
b0138101_1945534.jpg


今回初めて訪れたので、町のほんの一部しか撮影できていません。これからまた色々と探して撮りためて行きたいと思います^^
by miyatannaotan | 2012-05-23 22:00 | Comments(6)

紀の川周辺 ①

今日から2日間は、先日和歌山県紀の川市下丹生谷(しもにゅうや)の「自由空間 なかむら屋」さんにお邪魔した際に、その周辺をスナップしたものをお届けしていきます。紀の川市は2005年11月に「那賀郡打田町」「粉河町」「那賀町」「桃山町」「貴志川町」の5町が合併し誕生しました。
このあたりは紀州藩の本陣も置かれた大和街道の宿場町として発展していたそうですが、現在は伝統的な家並みなどはそれ程残ってはいません。それでも僅かに古い雰囲気を残す通りを。

保育園か幼稚園そばの大きな木と年期の入ったレンガ壁。
b0138101_2041243.jpg


その逆の方向には古そうな洋館風の建物が。
b0138101_20411166.jpg


白いペンキもかなり剥がれてきています。
b0138101_204117100.jpg


白い建物と1枚目の大きな木とレンガ壁の位置関係はこんな感じ。
b0138101_20412522.jpg


この建物は昔、郵便局だったようです。看板なども外され、ポストだけが残されています。
b0138101_20413176.jpg


ここから、JR和歌山線の線路を越えて紀の川の方へ。その途中で見つけた少し変わった形の建物。半分しか写っていませんが全体が台形をしていました。
b0138101_20413822.jpg


紀の川を見に行く前に、フェンスから顔を覗かせていた花を^^
b0138101_20414562.jpg


次回は川の景色と、町並みをもう少し。
by miyatannaotan | 2012-05-22 22:26 | Comments(8)

中津高架下のデジタルバージョンの最終回です。看板の中で一番印象に残ったのがこちらでした。
b0138101_21591865.jpg


そして高架下の中程にぽつんとあったお店。1FがCafeで2階には美容室が入っているようでした。ここのCafeはちょっと興味がありましたので、次回入ってみようかなあ^^
b0138101_2246166.jpg



b0138101_21593420.jpg


好きなガスメータではなく電気メータでしたが、板塀の雰囲気がよかったので思わず。。。
b0138101_21594294.jpg


ついでにこちらの電気メータも。
b0138101_21595164.jpg


ちょうど上の写真の左手。壁の所々に書かれた番号が何となく格好良かったので^^
b0138101_220016.jpg


ラストは中津の高架下での撮影を終え、阪急中津駅の改札を越えて梅田方面に向かう階段を降りる所で撮りました。まあこれも高架下に変わりはありませんね。一筋の光のラインが印象的でした^^
b0138101_2201116.jpg


フィルムバージョンは現在現像依頼中で28日頃までお預けです。それまでは他のシリーズでお楽しみください!!
by miyatannaotan | 2012-05-21 23:14 | Comments(8)