2017年 05月 09日 ( 1 )


名古屋港から電車を乗り継ぎやって来たのは、市内の旧東海道沿いに古い町並みが残っている「有松」というエリア。
名鉄の有松駅を降りると、すぐ目の前にその町並みを望むことができます。







早速町並みをぶらぶらと散策。









DSCF5688





慶長13年(1608) に尾張藩の奨励によってつくられた町並みとの事。





















元々は茶屋街として整備されていましたが、副業として行った絞り染めによって繁栄。








DSCF5694





町中にある案内所へお邪魔して、町家の内部を見学させてもらいました。







障子にも絞りの柄があしらわれて。

DSCF5695






DSCF5696


次回もこちらの有松の町並みより。
by miyatannaotan | 2017-05-09 20:46

一つ一つの出会いを大切に!!


by miyatannaotan