2016年 12月 17日 ( 1 )


んっ・・・? マイクロ!? タイプミスと思われたかもしれませんが、「マイクロ」で間違いはありません^^
実は先日の写真展でのふとした会話から、急に「Nikon Df」 が気になりだして色々調べているうちに、興味は
NIKKORレンズの方へ。これまでニコンのレンズってややこしくて何がどのカメラで使えるのかさっぱり分からず
全く気にもしていなかったのですが、Dfへの興味をきっかけに急に面白そうだなあと思い始めました。

という経緯があって、値が下がってきたとはいえ流石にDfを導入する余裕はないので、例のごとくマウントアダプタ
経由ですがレンズを何か使ってみたくなり、辿り着いたのがタイトルにあるように「2つのマイクロレンズ」いわゆる
マクロレンズに^^ 僕の所有レンズの殆どは絞り環のついたMFレンズ。ニコンの面白い所はそういったMFレンズ
が現役でまだ発売されている所。そういう所も案外僕の撮影スタイルと案外合うのかなあと思った次第です。

で前置きが長くなりましたが、今回セレクトしたマイクロレンズの1つが、現行レンズとしてまだ販売されている
Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8S」というもの。カラフルな指標が可愛いヤツです^^

DSCF3590

1986年発売なので30年前から存在するレンズです!! カニ爪付きというのがオールドニコンを象徴してます。
でも現在もまだ製造されているので、オールドレンズという表現が当てはまるのか難しい所ではありますが
僕が大人になる前からのレンズなので、やっぱりオールドレンズなんでしょう。現在でも通用するシャープ
な描写が特徴のハーフマクロレンズになります。


そしてもう1つのマイクロレンズが「Ai AF Micro Nikkor 105mm F2.8D」というものです。
(何故かこちらはモノクロで^^; ちなみに写真はお互いのレンズを撮りっこしてます。)

DSCF3586

こちらは1993年と、55mmの7年後に発売された中望遠の等倍マクロレンズ。名前にもあるようにAF化に対応したレンズです。
マウントアダプタ経由なので、もちろんMFでの使用になりますがこちらも絞り環がまだ残っていた時代のレンズ。
発売は55mmより後ですが、こちらのレンズは既にカタログ落ちしています。(このあたりもニコンのややこしい所以?)
現在所有している単焦点MFレンズは28mmから85mmまでの焦点距離だったので、もう少し長めのものが
欲しかったのも、このレンズを選んだ1つの理由かもしれません。

ちなみにどちらも中古での購入ですが運よく新同品のものが見つかったのでラッキーでした。55mmの方は、今日ブロ友さんとの
忘年会で少しだけ試写してきましたので明日にでもご紹介したいと思いますが、本格的な撮影の方はまだまだこれからです。
お互いどんな個性を見せてくれるのか今からワクワクしています♪



by miyatannaotan | 2016-12-17 23:59 | Comments(0)

一つ一つの出会いを大切に!!


by miyatannaotan