X-Pro2試し撮り ~ 実家にて #2581


X-Pro2を導入して初めての週末。といってもその前日の夜に届いたばかりなんですが^^;
土曜日は実家に帰る用事があったので、家の中と庭を試し撮りがてら少し撮影しました。







父が月曜日にようやく退院する事が出来て、ご近所からお祝いに頂いた綺麗なお花が最初の被写体。1枚目と2枚目は
やはり初めに試したくなる「クラシッククローム」で。実際の花の色よりシックな落ち着いた雰囲気になります。







角度を変えて、こちらは鮮やかな「ベルビア」で。







そしてX-Pro2から搭載された、これもまず試したくなる「アクロス」で。「アクロス」はノーマルと「Ye」「R」「G」の
フィルター効果を加えた4種類が選択できます。FUJIFILMのSILKYPIXベースの現像ソフトもⅡ型になって現像時にもフィルム
シュミレーションが選択できるように進化しており、購入前は知らなかったので思わぬ嬉しいサプライズとなりました。
ちなみに、こちらはコントラストをやや強調した「Ye」フィルターを選択。







一度庭に出て、外の草花を。色の鮮やかな花だったので「アスティア」で少し抑え目に撮影下のですが、それでも結構鮮やか。







こちらは葉の緑が印象的だったので「ベルビア」で少し強調。







もともとモノトーンに近い極薄の緑色の葉だったので、「アクロス」を選択し形の面白さを捉えてみました。







寄りの写真ばかりだったので、少しだけ引き気味に庭の一角を。







再び室内に戻り、家の中で被写体探し。異なる雰囲気のリースが連ねて吊るされていました。下側のリースの
雰囲気に合わせて、迷わず「クラッシククローム」を選択^^







ソファーの上に座っていたクラッシクな人形とパッチワークのテディベア。こちらも見た瞬間「アクロス」を選択。
独自のモノクロームの雰囲気とX-Pro2の繊細な描写が一番感じられる被写体のような気がしました。







今回使用した「XF35mm F2 R WR」は最短35cmとそれ程寄れるレンズでは無いのですが、瞳にピントがあう
最短距離から狙ってみました。







丸みを帯びたガラスや金属のパーツの質感も良く捉えられているのではないでしょうか?







帽子掛けにかけられていたコンパクトな革の鞄を。







金具の位置にピントをあわせていますが、開放がF2でもピント面の手前と奥が結構ボケてくれています。
革のシボや縫い目も繊細に表現。




以上が初日の試し撮りになりますが、いかがだったでしょうか?

初撮りという事で、ちょっと緊張気味に撮影しております^^; 当然まだまだカメラの実力がわかる所までは
行きませんが、第一印象は何気に撮ったものでも何か雰囲気がプラスされて写されるといった感じでしょうか。
フィルムシュミレーションは色々弄っていますが、まだカメラに撮ってもらっている感が先行している気もしますが
導入の時に考えていた通り、「しっかりと構え、心を落ち着けじっくり一枚一枚丁寧に撮る」気持ちを自然と
撮る側に持たせてくれる「大人なカメラ」という事は間違いないようです。

今日は真の意味でのデビューという事で神戸元町まで撮影しに行って来ました。次回からはそちらの模様を。
by miyatannaotan | 2016-06-12 19:09

一つ一つの出会いを大切に!!


by miyatannaotan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31