宇陀松山夢街道 町並みライトアップ2015 ③


昨日のガラス工房のすぐお隣には、以前訪れた事のある宇陀松山よりもう少し奥の方の菟田野という所に店を出されていた
「cafe b」さんが移って来られています。今回は外からだけでしたが、次回は是非中にも入ってみたいと思います。







少し離れた場所からみると、ガラス工房さんと同じ一軒の家屋になっていました。







万法寺前の犬矢来も風情があって良いですね^^







上の前川(側溝)もそうですが、色々なものを青く染める、薄暮の時間帯。







本善横丁の石畳も雨にシットリと。




それにしても梅雨のような秋雨前線が停滞していて、湿気が物凄いですねぇ><; でも夜になると涼しげな虫の声が聞こえて聴覚的には癒されますね^^ ライトアップの模様は、この後もまだまだ続きます!!

Commented by のぶっち at 2015-09-02 21:37 x
宇陀松山夢街道のライトアップ
毎年拝見しますが、ここはいい雰囲気ですね~ この一番最後の一枚。これかなりビビッときました。
雨でシットリ濡れた石畳とほのかに光る灯具の明かり。このコントラストが素晴らしいです。
露出具合もいいですね。
Commented by かぷち at 2015-09-02 21:52 x
こんばんは。
宇陀でやってたんですね。今年は行くの忘れてました。。。
この石畳のとこで雨上がりだと、余計に雰囲気が出ますね。^^
来年は忘れずに行けたらいいんですけど。^^;
Commented by Hiro Clover at 2015-09-03 18:51 x
小雨でも撮影することが出来て良かったですね。(^_^)
石畳が濡れてしっとりいい雰囲気ですし、傘を差してる人って絵になりますし♪
なら燈花会や梅田のキャンドルナイトなども今年は行けてないので、お写真拝見するとこういうイベントに行きたくなりますね。
Commented by miyatannaotan at 2015-09-03 21:21
のぶっちさん、こんばんは。
毎年見て頂いてありがとうございます^^
今回はF3.5のあまり明るいレンズでは無かったので
ISO感度が上がってノイズが目立ってしまう事もあり
露出もかなりアンダー目に設定して撮影していますが
結果として結構いいバランスで撮れたかなと思います。
Commented by miyatannaotan at 2015-09-03 21:25
かぷちさん、こんばんは。
もう少し早目にアナウンスしておけば良かったですかね^^;
数年前まで、この道はアスファルトで石畳になった時に
反対に違和感を覚えたのですが、今は時を経てしっくりと
感じられるようになりました。
来年は是非また!!
Commented by miyatannaotan at 2015-09-03 21:29
hiroさん、こんばんは。
一時はどうなる事かと思ったのですが、ちょうど暮れ始めると共に
小振りになってくれたので助かりました^^
ここの通りは、向こう側に山の緑と、瓦屋根も入って雰囲気が
いいんですよね。おっしゃる通り僕も傘を持った人が通らないかな
と少しタイミングを見計らっていました。
僕も燈花会もキャンドルナイトも今年は行けなかったので、ここは
何としても行きたかったんですよね!!
Commented by ぺすん at 2015-09-03 23:26 x
こんばんわ。
Cafe bさん、こちらに移転されてたんですね。
自分は、道の駅からまっすぐ歩いていって、左側(焼き鳥売ってた側)しか行かなかったのですが
反対側も、みどころがあったのでしょうか。

最後の1枚の場所ですが、自分も撮影しましたが、赤提灯がなかったらなぁ・・・と感じました。^^
まだまだ続く、このシリーズ、楽しみにしています!
Commented by miyatannaotan at 2015-09-05 19:07
ぺすんさん、こんばんは。
cafe bさん、以前はちょっと山の中にあって遠かったから
ちょっと行きやすくなりましたね。
この場所は細かい路地も色々あって、範囲的にも広いので
色んな発見が出来ますよ。次回はまたウロウロしてみて
下さい。赤ちょうちんはワンポイント的にはいいのかも
しれませんが、撮る時に上手く撮れた事がないんですよね。。。
名前
URL
削除用パスワード
by miyatannaotan | 2015-09-02 20:11 | Comments(8)

一つ一つの出会いを大切に!!


by miyatannaotan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31