岡田の谷の半夏生(はんげしょう) ①


昨日の水曜日は仕事はお休みを頂き、お天気も良かったのでネタ不足解消のために出掛けてきました。
今回は行先に困った時に、時折参考にさせて頂いているブログに載っていた場所、奈良県は御杖村の「半夏生園」へ。
自宅を6時ごろに出て、河内長野から近鉄で「古市」「大和八木」「橿原神宮前」と三回乗換え大宇陀へ行く時にも利用する
榛原駅へ。そこから更に曽爾村方面へ向かうバスで「掛西口」というバス停まで1時間弱。また更に御杖村の「ふれあいバス」
を利用して小一時間!! ようやく最寄りのバス停に到着し、目的の「岡田の谷の半夏生園」へと向かいます。







バス停から10分も掛からず、半夏生園の入り口に到着。入園の際は獣避けのために扉を開け閉めして中へと。







入り口から3、4分ほど更に林道を進み、







自宅から4時間弱の長い道のりを経て到着^^; 半夏生は準絶滅危惧種に指定されています。







上の説明書きにもある通り、半分白化粧をしたような葉が特徴。







「半分」というより葉全体がかなり白くなったものも多く、油断すると白トビしてしまうのでなかなか手ごわい被写体でした><;







久しぶりに青い空の下の撮影。







夏らしいイメージを強調してみた2枚。











これでシリーズも3本並行で、暫くは間が持ちそうです♪

それはそうと、パナソニックから「GX8」が発表されました!! 「GX7」も一時期使ってみた身としてはかなり興味もあるのですが
後継機というよりは、上位機種と言った感じですね。サイズもアップし、価格もボディのみで14万前後。高倍率ズーム付は18万。。。
性能はボディ4軸+レンズ2軸の手ぶれ補正、空間認識AF、4Kフォト、倍率約0.77倍の大型ファインダー、防塵防滴仕様、そして
マイクロフォーサーズとしては初めての2000万画素越え。ここまでてんこ盛りともなればこの価格も仕方ないのかもしれませんが
GH4の実売よりも高く、少し足せば「α7Ⅱ」の中古美品なども買えてしまう値段は正直どうかなと思ってしまいます^^;
2000万画素の吐き出す画像などもこれからじっくりと見てみないと、いきなり手を出すのも少し勇気がいりますよね。。。
後は今自分的に必要な性能と合致しているのか、もう少し頭の中を整理してみないと冷静に判断できそうにもありません。
いずれにせよ直ぐに手が出せる余裕もないのですが、色々考えてみるとGX8は何となくオリンパスよりもフジフィルムを
少し意識しているのかなと感じたりしています。そう思ってみると、もう少し手頃な所で「X-T10」がちょっぴり魅力的に見えてきました^^
あと、パナソニックの望遠ズームの開発発表があった、100-400mm。AFの望遠ズームが欲しいなとは思っていたのですが
現行の100-300mmの評価がいまいちなので、そろそろリニューアルされないかなと思っていた所に来たので「おっ」と一瞬は
喜んだのですが、何と発表されたのは「パナライカ」!! これじゃ価格が20万位近くまでいってしまうんだろうなと、正直がっかりでした。
って色々書いてますが、今の所機材を導入する予定があるわけではないのですがね(笑)

by miyatannaotan | 2015-07-16 22:12

一つ一つの出会いを大切に!!


by miyatannaotan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30