大阪の町並み探訪 ~ 堺市 編 「七道界隈」①

こちらも久しぶりに復活の「大阪の町並み探訪」シリーズ。今回は堺市の第2弾「七道界隈」よりお届けしていきます。

駐車場のまん前にあった蔵からスタートです。




「清学院」は日本人で初めてヒマラヤ山脈を越えた河口慧海(かわぐちえかい) という人物が学んだ江戸後期から明治初期の寺子屋です。




南海本線の「七道」駅から阪堺線の「高須神社」駅に向かう直線道路を中心に、こういった古い町並みが続いています。




堺といえば日本一の鉄砲生産地だった事が有名ですが、当時の鉄砲鍛冶屋の屋敷が残っています。残念ながら非公開という事で中を見ることはできません。




でもその向かいにある町家の内部に鉄砲を鍛造した炉が再現されており見ることができます。ただこの日は何故か人が一杯で、結局中に入れませんでした^^;




町の所々で見かける丸いライトには「七まち」の文字飾りが付いていました。



以前から気になっていた場所にようやく訪れることができました。この後もしばらく続きます。
by miyatannaotan | 2013-04-10 23:59

一つ一つの出会いを大切に!!


by miyatannaotan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30