「Carl Zeiss Flektogon 35mm F2.4」試し撮り ~ 北野異人館②

引き続きFlektogonでの北野異人館です。光の影響を受けやすいレンズという事で、Takumar28mm用の角型フードを付けています。植物の緑、金属の手摺の質感も良くでていると思います。
b0138101_5592359.jpg


春らしいテーブルフォト。ビンのラベルにピントを合わせてみました。ピント部分はとてもシャープに描写されています。
b0138101_5593593.jpg


少し引いた画でも細かい部分まで精細感も残っています。
b0138101_5594976.jpg


少し絞るとよりキレのある描写に。
b0138101_60021.jpg


少しクロスプロセス的な色合いになりました。
b0138101_60890.jpg


今日のラストはフィルムらしいレトロな雰囲気で。
b0138101_601824.jpg

使用フィルム : FUJICOLOR SUPERIA PREMIUM 400

ひとまず異人館でのレンズの描写報告はここまでですが、まだまだ撮影してきましたので、他のシリーズ終了後に改めてお届けしたいと思います。
Commented by mokonotabibito at 2012-03-26 08:00
ほれぼれしますね。
この質感描写と発色は、さすがです。
切れ味も良いのですが、ただ性能の良い現代のレンズとは違う、色気もあるように思います。
最後のお写真のように、少し渋めのレトロ感も表現できるので、使い分けが楽しみですね。

フィルムでもデジタルでも使え、画角もフルサイズ(フィルム)、APS-C、フォーサーズと使えるので、このレンズによる替えボディを楽しめるところがまた面白そうです。そういった企画もお願いしますね。
Commented by arara at 2012-03-26 12:37 x
直感で・・・全体が明確に見えることが必ずしもいいとは言えない。
味わい深い写真のためには、曖昧さ?もだいじですね。
肉眼では、表現できないものを見せてくれれるのも写真の面白さと思いました。
Commented by miyatannaotan at 2012-03-26 21:41
模糊さん、今晩は。惚れ惚れしていただけましたか^^ 嬉しいです。
そういっていただけるとこのレンズを手に入れて本当に良かったと思えます。
この感じが、沼と誘い込んでいくのですよね、きっと(笑)
このとき、少しE-P3にもつけて屋外で何枚か撮影しましたので、また掲載します。
ただこのレンズ、m4/3用のマウントアダプタにつけると少しグラグラしてしまい
さらにNEX用のアダプタにいたっては何故かスクリューマウントがきちんと留まらず
使うことができません。NEX用はTakumarレンズでも同じようにレンズが固定されず
残念ながらどうもM42スクリューマウントレンズとは合わないようです。KIPON社製の
アダプタと相性が悪いのか、他のメーカでも同じなのかよく分かりません^^;
Commented by miyatannaotan at 2012-03-26 21:54
araraさん、今晩は。大宇陀へ伺うのが少し間が空いてしまって申し訳ありません。
なかなか暖かくならないですよね^^;
「写真」は本来「真実を写す」という意味の言葉ではありますが、眼で見えるものも
見ることができないものも、どちらもそこに存在するというのが真実であるとも言え
ますよね。光と影がまさにそれで、影の部分も写す事で人間の想像力をより搔き
立ててくれますよね。多分そこに写真の面白さがあると思うので、これからも
光と影をより意識して撮って行きたいと思っています^^
名前
URL
削除用パスワード
by miyatannaotan | 2012-03-26 06:31 | SUPERIA PREMIUM 400 | Comments(4)

一つ一つの出会いを大切に!!


by miyatannaotan