「Carl Zeiss Flektogon 35mm F2.4」試し撮り ~ 北野異人館①

昨日、今日は新しく入手したオールドレンズ、「Carl Zeiss Flektogon 35mm F2.4」の試し撮りをたっぷりと。1日目は植物園の温室、そして2日目は北野異人館に行ってきました。植物園の方は本当の使い始めでレンズの扱いにも慣れていなかったという事もあり、いまひとつレンズの良さが伝わりにくい写真が多くなってしまったので、先に異人館での試し撮りをお届けしたいと思います。フィルムは両日とも「FUJICOLOR SUPERIA PREMIUM 400」を使っています。
結果から申しますと、初代のSkoparexは重厚な描写であまりツァイスっぽくないレンズと言われていましたが、このFlektogonはうわさに違わぬピントのキレと滑らかなボケの雰囲気はまさにツァイスといった描写ではないかと思います。フィルム27枚撮り2本を使用して撮影しましたが、今回はその中でもこのレンズらしさが出ているかなと思われるものを掲載してみます。室内という事もあり、ほぼ開放F2.4での撮影となります。

暗めの室内で少しノイズが目立ちますが、ブラインド越しの柔らかな光で赤い花も潰れず描写されています。
b0138101_20574223.jpg


こちらは少し強めの窓からの光で少しフレアー気味ですが、それが返って花に立体感を持たせてくれました。
b0138101_20575272.jpg


木のミシン台や絨毯などの質感も良い描写をしてくれます。
b0138101_2058058.jpg


約18cm、いやもう少し寄ってもピントが合ってくれるので、こういう物撮りにも積極的に使えそうですね。
b0138101_20582051.jpg


発色やボケの雰囲気が良く出てくれた一枚。
b0138101_20582947.jpg


かなり暗い室内でしたがF2.4の明るさで、こういった場面でも躊躇せず狙うことができます。この空気感が出せるのはさすがツァイスだと改めて感じます。
b0138101_20583852.jpg


今回の撮影の中で一番気に入ったのが、こちら。今までのレンズではこういった描写ができるレンズは無かったと思います。置物自体少し汚れてしまっていますが、それでもこの人形のもつ柔らかな雰囲気がとても伝わってくる写りで正直驚いてしまいました。
b0138101_20585151.jpg

使用フィルム : FUJICOLOR SUPERIA PREMIUM 400

実はレンズをよく見てみると内側にホコリやアカのようなものが結構多くて、場合によっては写真にはっきりと映りこんでしまう事がありレタッチでも少々苦しいところも^^; しかし全ての写真と言うわけではありませんし、この描写には正直惚れてしまいました^^ 少し余裕が出来たら一度清掃に出してでも長く使い続けたいレンズです。
Commented by hiro_clover at 2012-03-25 22:13
う~ん、これはかなり魅力的な写りですね~。(^_^)
結構シャープに見えるんですけど、無機質な感じにならず、
質感描写に優れた感じに見えますね。
最後から二枚目のお写真に見入っちゃいました。
綺麗にしてあげて、気持ちよく使ってくださいね。(^_^)
Commented by miyatannaotan at 2012-03-25 22:49
hiroさん、今晩は。
あこがれていたレンズをようやく手にすることができました。やはりツァイスは良いですね^^
若干シャープネスは上げていますが、それでもキレがあって良い質感も表現できます。
ラス前、撮っているときは上手く写っているかなあと疑心暗鬼でしたが、これくらい写って
くれていれば、今後も狙えるなあと安心しました。
どこかレンズの清掃を専門的にやっている場所を探して、長く付き合って行きたいと思います!!
Commented by ohkujiraT at 2012-03-25 23:26
私は1枚目のテーブルの上の置物の描写に目を奪われてしまいました。
シャープのようでいて、拡大してみるとカリカリではない描写、とてもいいです。
やはり写真の味を楽しむのはレンズですね~ ^_^
Commented by mokonotabibito at 2012-03-25 23:28
これぞツァイスですね。
キレとスムースなボケ味、そして発色の良さ・・・
これは、昔、私が NIKON F3 でどうしても出ず、ツァイスに憧れた理由です。

この玉は、昨日のお写真を見ると、MCが赤色文字ではないので、フレクトゴン35mmでも、最後期の良い品物のようですね。大切にしたいですね。

フレクトゴンは歴史が長く、長期に作られてきたレンズなので、いろいろタイプがあるようです。
この東独ツァイスイエナのフレクトゴンの真似をして、西独ツァイスで作られたのが私の持っているディスタゴンなんですよ。いわゆるレトロフォーカスタイプの傑作レンズ達ですね。

あ、またこんな話をしだすと止まらないので、このへんで(笑)

Commented by masa+ at 2012-03-26 00:00 x
こんばんは!

1枚目は、ツァイスらしい描写ですね!
窓から差し込む朝日がとてもいい感じです^^

北野異人館へ行かれていたんですね^^
僕も今日、神戸駅からモザイク、それからモトコー
そして北野異人館へと歩き回りました。
フィルムは1本撮り切れてないのと
異人館では撮っていないのでupは
まだまだ先になります^^;
Commented by engel777engel at 2012-03-26 10:22
これは凄い!!!
これが模糊さんの言う東独の怪獣といわれるレンズの写りですか。。
 特に一枚目の描写にはしびれましたよ。。見た瞬間目を奪われました。。窓のシャッター越しに射す光とテ―ブルと置物の質感が実に鮮やかに写し撮られていてお見事です。。
Commented by miyatannaotan at 2012-03-26 17:40
ohkujiraTさん、今晩は。
一枚目は旧中国領事館での撮影になります。
この窓際の光の雰囲気が好きで毎回撮影してます。
仰るとおり、カリカリにシャープという訳ではなく
質感をそのまま表現してくれるような感じですね。
フィルムカメラ、特にフルマニュアル機体は本体は
操作性だけの問題であって、一番はやはりレンズに
なりますよね。手の届く範囲での中古ツァイスを
また見つけて充実させて行ければて思います(^-^)
Commented by miyatannaotan at 2012-03-26 17:57
模糊さん、今晩は。やはり噂通りの良いレンズでした(*^^*)
時期に関しては諸説あるようで詳しくはわかりませんが
外観だけを見るとキズ等もなく新しい比較的新しい感じはします。
スコパレックスもとても良い写りでしたが、ツァイスらしさは
段違いにフレクトゴンですね!
あとはレンズ内のカビ取りと清掃をやってくれる場所を大阪で
見つけたので、もう少し楽しんでから一度綺麗にしてもらいます。
Commented by miyatannaotan at 2012-03-26 18:07
masaさん、今晩は。お写真をみて異人館にまた行きたくなって
しまいましたf(^_^; あとは寄れるレンズという事もあり物撮り
での実力を見てみたかった訳です(^-^)
僕は相変わらず朝一からでしたので、神戸ではお会いする可能性は
殆どなかったでしょうね(^^;
ようやくツァイスらしいツァイスを手に出来た感じです!!
Commented by miyatannaotan at 2012-03-26 18:17
engelさん、今晩は。怪獣というのは名前のイメージから来ている
のだと思いますが、描写を見ると怪獣ではなく怪物級と言っても
よいレンズかもしれませんね(^-^)
室内での撮影も大好きなので、この異人館には良く訪れるのですが
やはり窓から射し込む光と影の様々な表情が沢山楽しめるのが
一番の魅力かもしれません(^o^)/
名前
URL
削除用パスワード
by miyatannaotan | 2012-03-25 22:04 | SUPERIA PREMIUM 400 | Comments(10)

一つ一つの出会いを大切に!!


by miyatannaotan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30