節句など、何か気になるものたち

また大宇陀に戻ります。さざ波のような瓦屋根のうねり。「件 -kudan-」さんに、この瓦の波模様をモチーフにした宇陀松山特製の手ぬぐいが置いてあります。
b0138101_20575543.jpg


福祉会館の窓から見える扉が何か気になって^^;
b0138101_210819.jpg


吉野葛のお店の暖簾が風にゆらゆらと。お店の中が少し覗けるタイミングを見計らいながら。
b0138101_2102897.jpg


節分の名残が。こういう風習がちゃんと残っているのが大宇陀らしいですね。
b0138101_21275351.jpg


そして3月の節句の主役ももちろん。
b0138101_2103771.jpg


雪掻き用の真っ赤なへらの上には何故かハツカネズミの人形がちょこんと^^
b0138101_2104648.jpg


季節感が色々入り混じった宇陀松山なのでした。。。なのでした、といってもまだ続きますよ!!
Commented at 2012-02-14 22:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by miyatannaotan at 2012-02-14 22:57
鍵コメさん、了解しました。
Commented by mokonotabibito at 2012-02-14 23:16
いらかのうねりが素晴らしいですね。

思うのですが、作っては壊し、壊しては作り直すことが多すぎる日本の都会の文化と違い、ここ大宇陀では、じっくりと本当の良い文化が残されています。
私は、ヨーロッパを旅すると、歴史を大切にするコンサバな風土を感じるのですが、そんなナチュラルでコンサバな日本を感じるのは、まさにここ大宇陀です!

まっちゃま「彩」時記が、そんな風土を大切にする一助となれば良いですね。
Commented by miyatannaotan at 2012-02-15 06:13
模糊さん、おはようございます。
屋根一つでも楽しませてくれる大宇陀です!! たいした力にはなれませんが
いろんな方にここの良さを知っていただけたらと思います^^
名前
URL
削除用パスワード
by miyatannaotan | 2012-02-14 22:18 | Comments(4)

一つ一つの出会いを大切に!!


by miyatannaotan